巨瀬川地徳地区外掘削築堤護岸工事

 筑後川水系巨瀬川の堤防は高さ、幅ともに小さく、溢水、崩壊の恐れがある箇所があり、川幅を拡幅するための引堤工事や川の流下断面を増やすための河川内の掘削工事が行われています。
本工事はその河川整備の一環です。
概算発注工事だったため、作業方法、工法、施工順序等変更要素が多いうえ、出水期(6月~9月)には河川内の工事ができない期間もありました。
1年間の長丁場でしたが、無事故で竣工することができました。

工事名称
巨瀬川地徳地区外掘削築堤護岸工事
工事場所
福岡県久留米市田主丸町志塚島地先
工 期
H.27. 4. 1 ~ H.28. 3.30
発注者
国土交通省 九州地方整備局 筑後川河川事務所


 
施工前画像
 
施工後画像