実績紹介:実績紹介

 本工事は、平成24年7月の北部九州豪雨にて被災した矢部川の堤防補強対策として、川表側に止水矢板、大型ブロック、覆土及び張芝等を施工するものです。

 本工事は、筑後川に架かる筑後大堰 右岸高水敷部の張コンクリート目地部の防草対策工として幅300mm t=3mmの目地防草シートを張り付ける工事です。

 本工事は、久留米市荒木町地区において国道及び市道部の下水道管渠布設工事(推進工事及び開削工事)を行うものです。
 特に、久留米市と大牟田市とを結ぶ国道209号線の施工は交通量も多く、夜間の片側交互通行での作業であり交通事故防止等の安全管理に努めました。

国道208号バイパス(通称:有明海沿岸道路)の柳川東IC~柳川西IC間の柳川高架橋に架かる橋梁下部工 3基を施工しました。

RC橋脚工 3基
場所打ち杭工φ1000mm 20本

建築一式工事
福岡県立浮羽工業高等学校 体育館(鉄筋コンクリート造り、地上2階建て 延べ2,582m2)の外壁、屋根、防水等の改修工事を行うものである。

本工事は、筑後川河川事務所 吉井出張所管内の筑後川水系隈上川において、平成24年7月に発生した九州北部豪雨によって被災した河床、護岸等の復旧工事を行うものである。

本工事は、福岡県久留米市から佐賀県鳥栖市を経由して筑紫野市とを結ぶ 主要地方道県道久留米基山筑紫野線の県境に架かる新浜橋の耐震補強工事を行うもので、今回は佐賀県側の橋脚2基をSRS工法で施工するものである。

本業務は、出水時毎に筑後大堰施設内に漂着した可燃ごみ、不燃ごみ及びその他の堆積塵芥を撤去、運搬、分別、処分するものである。

国道208号バイパス(通称:有明海沿岸道路)の徳益IC~柳川西IC間の沖端高架橋に架かる

橋梁下部工 2基を施工しました。

go to Google Maps

本工事は、宝満川の堤防幅及び堤防断面を確保することにより洪水に対する安全度を高め、災害を予防する工事です。

工事内容は、既存の堤防を掘削・段切り・盛土することにより築堤法面勾配を緩やかにし、張芝によって盛土表面を補強するものです。

工事期間中は住民の皆様、県道を通行の方々にはご迷惑をおかけしましたが、無事故・無災害にて終了することができました。

go to Google Maps


 

Page 3 of 812345...Last »