九州環境建設スタッフブログ

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-08-10

5日の花火大会は、例年通り自宅2階からの小さく見える花火をチラ見で終了しました。
今年も、写真は同僚のTさんのFacebookから拝借転用です。

対岸の最前列からの観覧だったそうで、綺麗に撮れていて迫力もある写真です。
写真を撮るのに力を注いだ関係で、レンズ越しからばかりで実際に肉眼での見物はほとんどできなかったそうです。

 

土、日は久々の連休でしたが、クーラーなしの状態だったので一日中汗ビッショリでした。
立秋も過ぎましたが夕立さえなく、暑さで大豆の土入れも出来ない状態です。

6月はあんなに雨が多かったのに.....。

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-08-03

8月に入りました。

やっと梅雨も明け、今度は暑くてたまらない毎日です。
部屋の中にいてもぬくい風しか入ってきません。

 

花火大会用に半月も前から張られた杭とロープと雨&台風接近で思うように捗らなかった堤防除草もやっと終わりました。
久留米では今日から水の祭典、5日は筑後川花火大会です。

 

朝早くから夜遅くまで30度を越しています。当然夜間は熱帯夜です.....。

夜間も健康管理に注意しましょう!

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-07-27

九州北部は、まだまだ梅雨明け発表がありません。

 

先週は、月曜日の祝日、2日間の雨、さらに週末は台風12号接近のための作業の段取り変えやら看板撤去やらで、実質作業は遅々として捗りませんでした。

 

また私的には、同じく颱風接近のために大豆の土入れ、肥料散布等の農作業を急遽行ったため、週末予定していた映画鑑賞・野球観戦、全てドタキャンしなければなりませんでした。

せっかく楽しみにしていたのに残念でした。
次回を楽しみにしましょう!

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-07-20

先週土曜日、関東甲信地方で梅雨明けが発表されました。
九州北部でも今日ぐらいには発表されるかもしれません。

 

「土方殺すにゃ刃物はいらぬ 雨の三日も降れば良い」

外仕事の多い土木工事業界で昔から言われてきた言葉ですが、最近では
「土方殺すにゃ刃物はいらぬ 猛暑一日あれば良い」に置き換えても使えそうなフレーズです。
(不謹慎かもしれません.....)

 

明日から毎年8月5日に開催される『筑後川花火大会』に向けて会場周辺の堤防除草作業を行います。
また、今日は「海の日」で祝日ですが、天気に影響されるこの業界。
当然(?)、社内でも休日出勤している現場があります。
これからが夏本番!!

「熱中症に気をつけて!」

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-07-13

連日、雨、雨、雨だった6月。7月に入ったら今度は暑さまで加算し、各地で猛暑日を記録しています。
朝から茹だるような暑さ、反して午後からは合羽を着る時間さえないくらいに急な豪雨。
夕方は毎日びしょびしょです。

 

ここ数日は全国各地で熱中症と見られる症状で病院に搬送される人が多数いるそうです。

熱中症は、気温が高い状態が長く続くと、大量に発汗して水分や塩分が失われ、血液中の水分を奪い、汗が出なくなったり臓器に流れる血流量に影響を与えます。また湿度が高いと、汗が蒸発せず皮膚の表面に熱がこもったままの状態になった結果、体の中の熱が放出されなくなってしまうことによって引き起こされます。

 

梅雨末期の時期を迎えますが、これからが夏本番!

喉の渇きを感じる前にこまめな水分補給、塩分補給に心掛けましょう。

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-07-06

梅雨真っ只中です。1週間の半分以上は雨模様。
今現在、日本の南方には9号~11号の3つの台風が発生しています。
今週末には台風9号の影響があるかもしれないし、これから梅雨末期のドカ雨も心配です。

 

1回目刈の終了工期を過ぎていた堤防除草も先週金曜日にやっと終了しました。
例年は1回目刈全作業はは延べ30日程度で終了していましたが、今年は50日以上を費やしました。
最初の頃に伐採した箇所の草は既に1m以上伸びているところもあります。2回目刈が始まる9月にはどれだけ伸びていることやら.....。

 

筑後川二千年橋から豆津橋間は、今月21日頃から来月5日の筑後川花火大会に向けて除草伐採が始まります。
短期間での作業を強いられますが、引き続き無事故で行きたいと思っています。

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-06-29

6月は月の半分以上は雨模様の天気でした。
おかげで担当する除草作業は焼却作業はもちろん、集草作業や積込み作業もままならず一向に進みませんでした。

 

7月1日から7日までの1週間は、「全国安全週間」となっています。
6月の1ヶ月間がその準備期間とされており、弊社が下請する元請業者様の安全大会もその期間中に開催されました。

今年のスローガンは、
『危険見つけてみんなで改善 意識高めて安全職場』 です。

安全な職場・現場環境を維持するためには、同じ職場・現場にいる労働者全員で危険要因を見つけ出し、事故発生を未然に防ぐことが重要です。

 

今回、私は入社以来初めて他社様の安全大会に出席しました。
弊社の安全大会とは違った内容・進行に興味と関心を抱き、また感心し勉強になりました。

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-06-22

誕生日のプレゼントに妻からサンダルを貰いました。
昨日の父の日のプレゼントに娘たちから靴下と又してもサンダルを貰いました。
足元に注目です?

 

先週土曜日、今年も有休を使って田植えを行いました。
今年は、半分以上が減反対象でしたので朝7時から植え始めても10時過ぎには終了しました。
その後は、機械、苗箱の清掃等を行い3時過ぎには終了。
夕方4時から会社に顔を出して月曜日の段取りを。

6月末が終了期限の堤防除草工事ですが、まだ終わっていないのです。
工期内に終わるか微妙で、最後の追い込み状態です.....。

 

 

梅雨の中休みで久々の晴れ間がここ何日か続いています。
まだ、焼却箇所が3日分程度残っているのですが、雨が降らない日が3~4日続かないと焼却できません。

今週いっぱい雨が降らない事、長靴が要らないことを願っています。

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-06-15

梅雨入りしてさすがに雨の日が多かった1週間でした。 おかげで担当する除草工事の進捗が滞っています。

 

先日、除草工事の写真撮影中に腹部を強打しました。

河川堤防には、河口又は合流点からの距離を表示する河川距離標と呼ばれるコンクリート製標識が200m毎に設置されています。
この距離標には基準高さと座標値を管理されており、河川工事の際の縦横断測量の基準点となるものです。
堤防面から30cm程度突起しているので堤防除草が完了した状態だと明確にわかるのですが、除草する前は伸びた草でどこにあるか全くわからない状態です。

 

当然、除草作業の際の写真管理の際も利用するわけですが、その撮影中に法面に沿って斜めに設置されたコンクリート製の天板の上に刈草がかぶっていて、しかも雨後だったためその天板の上で滑り、距離標で右脇腹を強打してしまいました。

幸い、肋骨は折れていないようですが、1週間以上たった今もまだ痛みます。
年を取ると、なかなか治りませんね!

 

日頃、「足元注意」「安全確認」とか作業員さんたちを指導する者がこういう失態を犯すと立場がありません。
早々、実体験を『ヒヤリハット』として作業員さんたちにご披露?...
失笑をかいました。

 

雨の多い日が続きます。
皆さんも「滑り」「転倒」にご注意を!

投稿者: 営業企画部  投稿日:15-06-08

6月2日、九州北部地方は梅雨入りしました。
これから7月20日頃の梅雨明けまでジメジメした時期が続きます。

この雨で、現場では予定が立てにくくなるため、発注者による段階確認(完了確認)を受ける予定も急遽中止となりました。

 

5月の月末頃から連日真夏を思わせる気温を続けていたので車での移動時はエアコンを入れていましたが、一日中雨模様だった5日の日は最高気温が前日よりも10度も低い20°どまりでその時刻は午前0時。
日中は15度前後だったので暖房へとレバーを切り替えました。

 

みなさん、熱中症はもちろん夏風邪にもご注意を!

Page 3 of 34«12345»102030...Last »